良いお年を!

とうとう大晦日になりました。 毎年「今年は充実した年になりますように・・・」と思うのですが 充実と言うより相変わらずバタバタと忙しい1年でした。 世の中もバタバタ落ち着かなかったですね。 来年は良い年になるのでしょうか? ブログを始めて3年半になります。 お仲間にはいろいろ教えられ、助けられ、楽しませていただきました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帰国

帰国の日、ホーチミンで有名なベンタイン市場に行きました。 ハノイ・シェムリアップともう随分お土産を買っていますが ありとあらゆるものがそろっていて何も買わなくても見て・楽しみたい市場です。 市場内は小さなお店がひしめき合ってメイン通路以外は狭く、人も大勢で 迷子になりそうです。 市場の入り口前でおばさんが蓮の実をむいて…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

メコンデルタの町

ツアーはもう嫌になっています。 自由気ままに歩きたい・・・ チベットに源流を発し、タイ・ラオス・カンボジアを経てベトナム南部に抜けるメコン川は 全長4000km。 昔、社会科で習いましたね。 デルタ地帯は洪水もあるけれど肥沃でお米、野菜、魚の恵みが多いということ。 ホーチミンから南へ車で二時間半のミトーという町に行き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホーチミン市内観光

ホーチミンはとても活気のある都市です。 日本のメーカーの看板も多く見かけ、何だか嬉しくなりました。 ハノイでビックリしたバイクはここではその台数はハノイ以上で ハンパな数ではないですが もう免疫が出来ています(^^ゞ 信号も ある程度守っているし、乗っているお嬢さんも おしゃれに感じます。 ぶら下がっている電線やケー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シェムリアップ~ホーチミンへ。

もう今年もあと2日。 夫は今日まで仕事なので、いつものように一人でお正月の準備です。 今、黒豆をコトコト・・・ 早く!早く!!と思っていてもなかなか記事を書けなかったのですが これからカンボジアから再びベトナムへ飛んで行こうと思います。 カンボジアの一地方都市のシェムリアップはアンコール遺跡群の町として成長していますが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メリークリスマス!

キリスト者でもないのに何となくウキウキし、楽しみなクリスマス。 昨夜の夕食は超手抜きでした。 デパ地下で買った出来合いの鶏のモモをローストしたものと スモークターキー、簡単なサラダとスープ、 そしてトップスのチョコレートケーキでした。 チキンはどうでもいいけれど、ケーキをお腹いっぱい食べて幸せ~~♪ 爺と婆、二人…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

アンコールワットの朝日~バンテアイクレイ~~バンテアイスレイ

アンコールワットの日の出を見るべく5時にホテルを出発。 アンコールワットは真っ暗。 明るくなってきました。 春分の日・秋分の日は塔の真ん中からお日様が出てくるそうです。 大勢の人たちが日の出を見ていました。 アンコールワットに別れを告げました。 チケットのチェックをする係りの…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

プレループでの夕日

アンコールワットを見た後、夕日を見るためにプレループという遺跡に向かいました。 車から見た名も知れない遺跡や集落。 このあたりの土は赤茶けています。 そしてプレループに到着。 遺跡に生えている草が侘しい・・・ ここの中央テラスに死者を荼毘に付しその灰で死者をかたどった線を描く儀式が行われたところが あります。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンコールワット

アンコールワットは12世紀前半に30年もの年月をかけて建造されたクメール建築の傑作です。 アンコールは王都・ワットは寺院の意味です。 アンコール遺跡群を観光するには遺跡に行く途中にあるゲートで入場券を買います。 このとき顔写真を撮影され、そのチケットはすべての遺跡で有効です。 ちなみにカンボジア人は無料~~ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タケウ~タプロム

アンコールトムを見たあと、またバスに乗ってタケウへ。 アンコールワットの前駆と言われている5層のピラミッド式寺院(1000年頃) 内部は何も無く未完成です。 外観は素敵。 その後、有名なタプロムへ。 1186年の建築で王の母親の霊を祭った霊廟で信仰は大乗仏教です。 よく写真でご覧になると思いますが巨大なガジュマル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイヨン内部~象のテラスへ

回廊を歩いていきます。 第一回廊にはクメール人の生活の様子がレリーフとして残されています。 助産婦さんの介助でお産をしているところ。    海の中の様子。    食事をしている様子。                 手で食べているのはインド人。         髷を結っているのは中国人とのこと。。 薄暗い回廊の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昨夜 汐留で。

昨夜、ミュージカル 「アイーダ」を観るため 汐留の「四季劇場・海」に行きました。 これは娘からの誕生日プレゼント。 お席は前から6番目、真ん中のとても良い席でした。 キャストは、日によって変わるのですが、運がよいことに、アイーダ役は”濱田めぐみ”さん。 素晴らしい歌声でした。 懐かしい”飯野おさみ”さんも出演していました…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

アンコールトム   南大門~バイヨンへ

9世紀~15世紀半ばまでインドシナ半島全域を治めるほどの勢力をなしていたアンコール王朝。 その王朝の栄華を示すようにそのアンコール遺跡は東京23区に匹敵するほどの広大なエリアに点在しています。 その王朝も15世紀にタイのアユタヤ朝に滅ぼされその遺跡も廃墟と化し、密林に覆い隠されて行きました。 そのアンコールが再び日の目を見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カンボジアへ入国して・・・

カンボジアと言う国・・・ インドシナ半島にあり、ベトナム・タイ・ラオスに隣接しています。 かつては100年もの間植民地としてフランスに支配されていました。 1953年にシアヌーク国王のもと、王国として独立しましたが その後、ベトナム戦争の影響・クーデター等で国内は混乱しました。 1975年のポルポト政権が出来てからはベ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バッチャン村(ベトナム)~シェリムアップ(カンボジア)へ

ハロン湾~ハノイに戻る途中、 バッチャン村という陶磁器で有名な村に寄りました。 正式な年代は不明とのことですが11~12世紀ころにはすでに ここで陶磁器作りがされていたと言われ、 正式に史書に登場するのは15世紀。 当時の中国、明への貢物を作る陶磁器の村としてバッチャンの名前が残されているとのことです。 日本でも安南焼きっ…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

ベトナムの水上人形劇

再び旅行記です。 ハロン湾クルーズの後、カジノの中にある劇場で水中人形劇をみました。 ハノイにも立派なな劇場があり、ベトナムに来たらこれを見ないと始まらない!と言うくらい有名らしいです。 言葉はわからなくても田んぼを耕したり、神様が出てきたりと、 農村の生活の様子を演じているのが何となくわかりました。 楽器を奏で歌手が歌を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

嬉しかったこと。

師走に突入しました。 このところ忙しくて旅行の記事もアップできないでいます。 お仲間のお部屋に伺ってもなかなかコメントできず申し訳ありません。 昨日11月30日は私の誕生日でした。 もう数字を見たくないです(泣) その前日の日曜日、夫がフラ~~と出かけました。 打ちっぱなしにでも行ったのかと思っていたら ケーキ…
トラックバック:0
コメント:30

続きを読むread more

ホッとしてテクテク・・・外苑イチョウ並木

先日人間ドッグを受けました。 旅行へ行く直前、一ヶ月以内に再検査要の項目がある 検査結果が届きました。 帰国して、気になりながら再検査。 昨日結果を聞いてきました。 相変わらず数値は悪いけれど一年経過観察にしましょうと。 何となくホッ! 神宮外苑までは近いので、いちょう並木に行ってみることにしました。 先月、…
トラックバック:0
コメント:27

続きを読むread more

ハロン湾 ④  クルーズ

ハロン湾を約5時間かけてのクルーズを体験しました。 天気予報は雨でしたが、雨は一滴も降らず 素晴らしいサンセットを見ることができました。 太陽を見つめすぎてしばらく目が変でしたが・・・(^^ゞ 写真を選ぶのが大変でした。 デジブックにしましたのでお時間がありましたらご覧ください。 追記です ベト…
トラックバック:0
コメント:32

続きを読むread more

ハロン湾 ③  ホンガイ市場

市場に入ってびっくりしました。 魚介類・野菜・果物・肉・お花・その他諸々品物が豊富です。 活気がみなぎっていました。 でも??? 店番をしているのも荷物運びをしているのも女性ばかり目に付きました! 写真をみても男性は道路の真ん中の秤にの横に座っている人と 床屋さんをしてもらっている人だけ! そういえばハノイでも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハロン湾 ② ホンガイ地区へ

ホテルの朝食はバイキング。 普通のホテルとほぼ同じですが、違うのは中華とベトナム風がミックスしたような お料理や、変わったデザート、南国のフルーツ等々。 そしてフォー! 自分の好みの具材で作ってもらえます。 食べるのに夢中で写真は何もありません (申し訳ないけれど、生野菜・カットフルーツは一切頂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハロン湾 ①

帰国してもう一週間です。 1GBと256MBのSDカードを持ったのですが調子の乗って撮りすぎて、ある時点から 画質を落としての撮影でした。 おまけにバッテリー切れにも・・・ 成長著しい国の写真をたくさん見ていただきたいと思っています。 一つ一つにコメントを頂くのが申し訳なくてコメント欄を閉じています。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハノイ市街 ②

旧市街を後にして、ホーチミン廟に向かいます。 このあたりは美しい建物がある閑静なところでした。   ホーチミン廟 ホーチミン廟が出来たのは1975年9月2日の建国記念日です。 中には1969年に亡くなったベトナムの民族的英雄ホー・チ・ミン主席の遺体がガラスケースに 入れられて安置されているそうです。 ハスの形をか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハノイ市街 ①

ベトナム社会主義共和国の首都ハノイに入りました。 南のホーチミン市(昔のサイゴン)は商業の中心地。 北のハノイは政治・文化の中心都市です。 首都ハノイ・・・と言うことでもう少し都会をイメージしていました。 まずはオートバイにビックリ! 話には聞いていましたが2人乗り、3人乗りはざらで、 小さな赤ちゃんも、妊婦さんも乗…
トラックバック:0
コメント:31

続きを読むread more

ハノイへ

ベトナム・カンボジアに行って来ました。 この数年、夫の年一回の連続休暇を利用して海外に出かけていましたが この3年の間に2回の入院・手術にその休暇を使い、今回は 約4年ぶりの海外旅行です。(去年のグアムは別にして) ヨーロッパ・アメリカは飛行時間が長いのと、どうせ行くならユックリ時間をかけて周りたい。 それで何処にする…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

去年の今頃・・・

去年の11月5日、 息子はグアムで結婚式を挙げました。 あれからもう1年。 早いものです。 旅行のときは巾着やポーチが必需品です。 はりねずみさん が ”はなみずきのポーチ”用に色あわせをした 布を送ってくださいました。 はりねずみさんカラーを楽しみながらチクチク。 いつも作品がなかなか完成しない私・・・ 張り切り…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

ピレア

観葉植物のピレアにはたくさんの種類があります。 我が家には父からもらった古い植物がいくつかありますが、 姿・形が悪くなっていても何となく処分できず、挿し木をしたりして 何とか育てています。 その中のアルミニウムプランツとも呼ばれるピレアがこの春ダメになりました。 それで新しく、同じピレアの仲間で、ピレア・グラウカ・グレ…
トラックバック:0
コメント:31

続きを読むread more

ゾーッとしました。

昨日の四時過ぎ、窓辺でチクチクしていました。 何だか外が騒がしい。 鳥の大群です 目いっぱい望遠にして撮りました。    ぞ~~~~っとしました。 しばらくするとそこらじゅうの電線に止まりました。 グチュグチュと騒がしく囀っています。 何の鳥…
トラックバック:0
コメント:38

続きを読むread more

セピア色

今週はものすごく忙しい一週間でした。 さすがに昨日はダウン。(金曜日) 夕べは久しぶりに思いっきり寝ました。 今日は英語を休み午前中は義父母の食事を作って夫が持参、 帰るのを待って実家へ。 二世帯で住んでいる弟夫婦が長期で留守にしているので 少し手が不自由な母の手伝いをしてきました。 あぁ~~~。 …
トラックバック:0
コメント:27

続きを読むread more

山中湖へ

先日夫が急に振り替え休暇をとりました。 朝4時過ぎにたたき起こされ、中央高速で富士五湖の一つ、山中湖へ。 手漕ぎボートに乗ってのワカサギ釣りです。 前回は1月に行ったので、寒くて困りましたが、今回は曇っていても それほど寒くはありません。 早朝の山中湖は霧がかかっていました。 残念ながら富士山は裾野がかすかに…
トラックバック:0
コメント:30

続きを読むread more