今日のご予定は?

アクセスカウンタ

zoom RSS バイヨン内部〜象のテラスへ

<<   作成日時 : 2009/12/16 13:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 0

回廊を歩いていきます。

第一回廊にはクメール人の生活の様子がレリーフとして残されています。
助産婦さんの介助でお産をしているところ。
   海の中の様子。
   食事をしている様子。
        
        手で食べているのはインド人。
        髷を結っているのは中国人とのこと。。
画像


薄暗い回廊の中を登って行きます。
第二回廊には女神や僧侶をテーマにしたレリーフが多くあります。
美しいデヴァター(女神)に出会いました。
画像


そしてバイヨンの中心にそびえる中央本殿(高さ42m)へ。
ここには巨大な観世音菩薩の四面像が四方を見つめています。
下を覗くと・・・怖い。。
画像


バイヨンの外に出て王宮方面へ歩いていきます。
王宮は大部分が木造建築だったためシャムとの戦闘ですっかり消滅しました。
今は樹木が生い茂っています。。

崩れた石がゴロゴロ。
一つ一つに番号がついています。
こんなところにも小さなお花が一輪。  蘭の花の形に見えますが??
画像


石造りの参道が続くバプーオン
ピラミッド型の寺院でバイヨンより高かったそうですが上部は完全に崩壊しています。

王宮の中心にあるピラミッド型の赤茶色の寺院ピミアナカス
王族の儀式の場で一般人は近づくことが出来なかったそうです。

そして王宮前の広場に面した長さ350mの象のテラス
王の閲兵式の舞台として利用されたところで象やガルーダ等が浮き彫りにされています。

広々とした素晴らしいところでした。
テラスから勝利の門方面をを見て・・・・
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 9
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
バイヨン内部〜象のテラスへ 今日のご予定は?/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる